猫のまんも☆まんも通信!

猫ブログ〜面白可愛い猫のまんもと飼い主。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
共生
猫の殺処分ゼロについて、千代田区の取り組みが読売新聞で紹介されていた。
「飼い主のいない猫の保護活動を続けている千代田区は、2015年度末で、猫の殺処分ゼロを5年連続で達成する見通しだ。区では、野良猫の去勢不妊手術にかかる費用を助成するとともに、飼い主が見つかるまで猫を預かる活動を支援している。20、21日には、「ちよだ猫まつり」を区役所で開催し、収益金を猫の医療費などに充てる」(読売新聞2016年2月16日)。
行政と地域住民(区では「普及員」と位置付けている)とが連携することで、動物の命を守り、ひいてはそれが人と動物との共生社会をも築いていくになるのであろう。こうした取り組みが全国に広がってほしい。



区の担当者は、「人と動物が共生する社会の実現に協力してもらえれば」と語っている。
共生社会の実現は、なにも動物に限ったことではない。自然との共生も必要だし、社会的少数派と言われる人たちとの共生社会も実現していかなければならない。排除型の社会よりも包摂型の社会の方が健全であろう。



へいのうえでくつろぐ猫、まんも。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。

| 猫のまんもと飼い主の日常 | 21:50 | comments(0) | - |
きのうは
テレビでニュースを見て気がついた。きのうはバレンタインデーだったのか。
これまではイベントにかこつけて、猫のまんもが大好きだったお寿司(小僧寿し)を管理人さんによく買ってきてもらった。マグロと甘えびは、単品でわさびぬき。もちろんネタは「まんも」行きだ。
そういえば、しばらくお寿司食べていないなあ〜。



2012年撮影。
お寿司を食べ終わったあとかな。
年に何回かの特別の日に(ほどほどに)与えていました。



にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。

| 猫のまんもと飼い主の日常 | 01:11 | comments(0) | - |
気づかされた
漫画家の蛭子能収さんは、「1人が好きな僕は、それまで1人でも孤独というものを感じたことがなかった。でも、妻の死で、初めてとてつもない孤独感を覚えました。子供は2人いますが、子供たちと一緒にいても寂しさはなくなりません。妻が僕にとって大事な存在で、どれだけ精神的に依存していたかを思い知りました」。その後、蛭子さんは、19歳年下の女性と再婚し、「妻がいることで、また1人で遊ぶことを楽しめるようになりました。矛盾した話に思えるかもしれませんが、愛する人がそばにいるからこそ、安心して独りぼっちでいられるんです」と語っていた(産経新聞2月12日)。

わかる気がする。自分も1人でいることが好きだ。それでさみしいと感じたこともなかった。しかし、猫のまんもが亡くなってからは、孤独感にさいなまれている。「1人でも孤独というものを感じたことがなかった」のは、猫のまんもがずっとそばに居てくれたからであろう。



「まんも」が亡くなって1ヶ月経った。
ちょうど今ごろの時間に緊急蘇生術をしてもらっていた。
ほんとよくがんばってくれました。



生粋の野良猫のコタは14年間もごはんをあげてるというのに一向に触れらせてくれない。
息子は生まれながらにしてなんであんなに人に懐いたのだろうか。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。
| 猫のまんもと飼い主の日常 | 00:22 | comments(4) | - |
子をおもう母
12日は午後から(仕事へ)出かけた。
コタにごはんをあげ終わって、しばらくくつろいでいた。
盛んに鳴き続けるコタ(息子はでかい声で鳴いていたけど、母猫のコタは声が小さい)。
どうしたのだろうか、と様子を見ていた。
ひょっとして、息子(まんも)を呼んでいるのだろうか。
見てたら、なんか切なくなってきて涙があふれてきた。



どうした?、コタ。
息子は旅立ったんだぞ。
ちびちゃんの亡骸をみて、お別れしただろ。
コタ、お家へ入っておいで。
お家のどこかで、ちびちゃんが見守ってくれているから。



にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。
| 猫のまんもと飼い主の日常 | 00:21 | comments(0) | - |
コタの変化
12月中旬以降、コタはお家の中に入ってこなくなった。
まんもの異変を察知したからであろうか。
お家の中の同じ場所をいつまでも徘徊し続けていた、まんも。
よろめきながらも(管理人さんの猫がお世話になった病院につなげて、しっかりと歩けるまでに回復したのだが)、一生懸命に歩き続けていた、まんも。
コタはコタなりに理解していたのだろう。ここは、息子の縄張りだから、自分がいてはいけないと思って、お外の小屋(管理人さんが防寒対策をしっかりしてくれた)で過ごすようになったのだろうか。



ちびちゃん(「まんも」のこと)は、先に旅立っていった。
コタ、わかるか。
お家に入ってきていいんだぞ。



お母さん(コタ)と飼い主さんを見守ってくれよ。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。

| 猫のまんもと飼い主の日常 | 21:36 | comments(0) | - |
あり得るのだろうか
猫を飼っている(あるいは以前飼っていた)お友だちと個別に食事をしていると、なぐさめてくれる。
「ちび太朗(「まんも」のこと)は、きっとまた戻ってきますよ」と。
「輪廻転生」ということでしょうか。
「ほんとにそんなことってあるんだろうか」と思う半面、ちょっと期待していたりする。



絶対、こいつはちがうお家へ行きそうだな。

(今度生まれたときは)オレは魚屋の猫になるにゃ。

浮気者!



帰ってこいよ。飼い主さんは待ってるぞ。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。
| 猫のまんもと飼い主の日常 | 23:55 | comments(0) | - |
営業活動
昨年は、年度早々、食道炎がつらく、仕事を大きく軽減してもらった。その関係で収入も減った。
今年は、それを取り戻すべき、仕事を増やしてもらわないといけない。もちろん、無理しない程度に。
掛け持ちを増やすのはつらいから、現行所属しているところでなんとか増やしてもらおう。



もう一つは、仕事をたくさんして気を紛らわしたいというのもあります。



ほんと、寝ている写真が多いな。

猫は寝るのが仕事だからにゃ。
何回も言わせるにゃ。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。





| 猫のまんもと飼い主の日常 | 00:48 | comments(0) | - |
びっくりした
鏡で見る自分の姿と写真では大きく違うんですね。
先日、NPO仲間がスマホで写真を撮ってくれた。転送された写真を見て、びっくりした。
やせこけていて、まるで病人みたいだった。
ちょっと焦る。
筋トレして、食事もしっかり摂らないといけませんね。



いつまでもくよくよしていたら、猫のまんもにしかられる。

食欲も出てきた。
安心してくれ。

にゃ。



平和の象徴、ハト。

平和でありますように。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。

| 猫のまんもと飼い主の日常 | 01:21 | comments(0) | - |
続けること
ブログをはじめようとしたきっかけは、猫のまんもとの思い出作りのため。
小さいころは病弱だった。獣医さんから「この子は(完全室内飼いにしないと)長生きできませんよ」と言われたことが、きっかけとなった。そんな中で13年近く生きてくれた。ありがとう。
猫のまんもがいなくなったら辞めようかとも思ったが、辞めてしまうと、なんだがつながりがなくなってしまうようで続けることにした。
たまには猫のまんもにも降臨してもらおう。いつもいっしょだったもんな。



久しぶりに猫(コタ)のごはんを買いにディスカウントストアへ。
商品を見ていると、いろいろな思いが去来する。
もう(猫のまんもが)大好きだったシーバを買うことはないのだろうな、とか。
これ好きだったな、とか。
赤い猫じゃらしやねずみのおもちゃでよく遊んだな、とか。
ねずみのおもちゃを放り投げると、喜んで追いかけていたっけ。
思い出すと涙があふれてくる。



にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。




| 猫のまんもと飼い主の日常 | 19:47 | comments(4) | - |
葛藤
朝日新聞1月31日朝刊の中で、「ペットを看取る」という記事があった。
19歳の雌猫を自宅で看取った女性は、「少しでも長生きをと願う一方で、楽に逝ってほしい気持ちの間で揺れ続けた1年間でした」とあった。
うちのはもう少し持つと思ったが(亡くなる前日は足取りもしっかりしていて、いつも通りによく鳴いていた)、容態が急変して亡くなった。ただ、苦しまずに逝ってくれたのが救いだった。
確かに、1日でも長くいっしょにいたいけど、愛猫が衰弱していく姿をみるのもつらい。
ブログなんかを見ると、特に、少しでも長生きをと願って、がんを患った愛猫に抗がん剤治療をしたところ、副作用が強く、そのまま亡くなってしまった場合、いまだに罪悪感に苛まれている飼い主さんも少なくないようだ。
どちらの場合も「それでよかったんだ」と受け止めるしかないんだろうと思う。



お友だちから、「迷惑をかけたくなかったんでしょうね」と。

もっと迷惑をかけてもよかったんだぞ。



にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。
| 猫のまんもと飼い主の日常 | 17:49 | comments(0) | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ 「まんも通信」携帯でも見てにゃ
qrcode
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES

お中元お歳暮の文化から寄付の文化へ


+ LINKS

+ SPONSORED LINKS
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ブックオフオンライン DHCオンラインショップ
このページの先頭へ