猫のまんも☆まんも通信!

猫ブログ〜面白可愛い猫のまんもと飼い主。
<< 子をおもう母 | main | きのうは >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
気づかされた
漫画家の蛭子能収さんは、「1人が好きな僕は、それまで1人でも孤独というものを感じたことがなかった。でも、妻の死で、初めてとてつもない孤独感を覚えました。子供は2人いますが、子供たちと一緒にいても寂しさはなくなりません。妻が僕にとって大事な存在で、どれだけ精神的に依存していたかを思い知りました」。その後、蛭子さんは、19歳年下の女性と再婚し、「妻がいることで、また1人で遊ぶことを楽しめるようになりました。矛盾した話に思えるかもしれませんが、愛する人がそばにいるからこそ、安心して独りぼっちでいられるんです」と語っていた(産経新聞2月12日)。

わかる気がする。自分も1人でいることが好きだ。それでさみしいと感じたこともなかった。しかし、猫のまんもが亡くなってからは、孤独感にさいなまれている。「1人でも孤独というものを感じたことがなかった」のは、猫のまんもがずっとそばに居てくれたからであろう。



「まんも」が亡くなって1ヶ月経った。
ちょうど今ごろの時間に緊急蘇生術をしてもらっていた。
ほんとよくがんばってくれました。



生粋の野良猫のコタは14年間もごはんをあげてるというのに一向に触れらせてくれない。
息子は生まれながらにしてなんであんなに人に懐いたのだろうか。

にほんブログ村 猫ブログ MIXサバトラ猫へご愛読ありがとうございますにゃ。
| 猫のまんもと飼い主の日常 | 00:22 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:22 | - | - |
こんにちは、主さん。
まんもちゃんが虹の橋を渡って哀しいですね。
私も同じく孤独が好きですが、蛭子さんのお言葉がすんなり身に染み込みました。
施設から迎えた猫達に、どれだけ心満たしてもらっているか
日々の生活を楽しくしてもらっているか気づかされます。
| ジェム | 2016/02/14 3:01 PM |

ジェムさん、コメントありがとうございます。

ジェムさんは、何匹かの愛猫がいるのですね。
動物といっしょにいると、こころの安寧の部分が大きいのでしょうね。

またいつでも遊びに来てください。


| まんもの飼い主 | 2016/02/14 9:22 PM |

ちょうど私の蛭子さんのその記事読んで考えていました。
私は夫と生活していますが、千葉県に来たときに、何もかも東京に置いてきた気がして、とても孤独でさみしい思いをしていました。そのさみしさを救ってくれたのが、夫ではなく、今一緒にいるバナナ・みよ子・みけ・バナ子と亡くなったマイケルです。(職場にいた猫達)
大げさに聞こえるかもしれませんが、私を救ってくれた猫族に今後も恩返しをずっとしていくつもりです。

最後の猫をあちらの世界に送りだしたら、また孤独になるのが怖いです。
| みけちゃん | 2016/02/14 10:22 PM |

大げさではないですよね。ほんと。
平成の大不況時に転職を決意し、右往左往していた時期に、猫のまんもがやってきました。まんもがいたからこそ、なんとかここまでやってこれたんだろうと思っています。

マイケル君が亡くなって2年ですか。
なかなか悲しみは癒えないですよね。
いつかは訪れる永遠の別れ。
寿命からすれば、猫の方が先に逝くのはわかってはいたんですが、いざそのときが訪れるとなかなか現実を受け止められない自分がいます。
余生は地域猫活動でもしようかな。そうすれば孤独から解放されるかも。
| まんもの飼い主 | 2016/02/15 12:30 AM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ヒトと愛猫の生活情報誌「ねこのきもち」

+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ 「まんも通信」携帯でも見てにゃ
qrcode
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES

お中元お歳暮の文化から寄付の文化へ


+ LINKS

+ SPONSORED LINKS
ドミノ・ピザ【PC向けサイト】 ブックオフオンライン DHCオンラインショップ
このページの先頭へ